/

この記事は会員限定です

豪雨、政府が復旧本格化 ドローン調査・堤防修復急ぐ

[有料会員限定]

西日本豪雨の被災地の復旧に向けた政府の取り組みが本格化してきた。救援活動や被災者の生活支援と並行し、堤防や道路、公共施設などインフラ面の再建に向けた対応を急ぐ。ただ被害が広域かつ同時多発的に発生しただけに、鉄道や道路など復旧は遅れているのが実情だ。

地区の約3割が浸水し多数の死者が出た岡山県倉敷市真備町地区。国土交通省は決壊した小田川の堤防を修復する工法の検討に入った。中国地方整備局に大学教授な...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り912文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン