2018年9月19日(水)

長野県、高齢者や障害者の旅行普及へ推進会議

北関東・信越
2018/7/10 22:00
保存
共有
印刷
その他

 長野県は10日、高齢者や障害者をはじめ誰でも旅行を楽しめるユニバーサルツーリズムを県内に普及させるため、第1回長野県ユニバーサルツーリズム推進会議を県庁で開いた。今後、関係団体の連携を強化し、ユニバーサルツーリズムを支える人材育成や機器の普及、モデルルートの開設などを官民で進めていく。

長野県が開いた第1回ユニバーサルツーリズム推進会議(長野県庁)

 会議には市町村や観光事業者、交通事業者、福祉団体などの125人が参加。都会のようなバリアフリー設備の偏重でなく、旅行をサポートする個人・団体の育成やアウトドア用車いすなど専門機材の充実といった「信州型ユニバーサルツーリズム」の実現を目指す。

 まず推進会議で県内の関係団体の連携を強化し、情報を共有する。水陸両用のアウトドア用車いす「ヒッポキャンプ」と、デュアルスキー(着座式スキー)を購入する費用の2分の1を県が補助する事業を開始し、今年度は各4台と2台の補助金280万円を計上した。購入を希望する市町村や事業者を近く公募する。

 3~4年後に全県の福祉団体や高齢者団体との連携を強めて学習旅行の受け入れも強化し、5年目以降に県民全体で取り組む運動に発展させる。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報