2018年11月18日(日)

客の視線で興味を推定、AIで接客支援 富士通が開発

コラム(テクノロジー)
AI
(1/2ページ)
2018/8/1 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

富士通研究所は、客が商品を見つめる視線の動きで「関心」や「迷い」を推定し、接客業務を支援する人工知能(AI)技術を開発。その技術を活用して、富士通と青山商事は2018年4月6日から約1カ月間、「洋服の青山 福山本店」と「洋服の青山 池袋東口総本店」で実証実験を実施した。

実証実験は、視線センサーを設置したマネキンコーナーで行った。客がマネキンコーナーの前で立ち止まると、その視線を検知。マネキンが…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

日経BPの関連記事

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報