/

診察終えたら帰宅OK グローリーが後払いシステム

貨幣処理機大手のグローリーは10日、病院や診療所の診療費を後払いできるシステムを開発したと発表した。クレジットカード情報などを事前に登録すれば、診察後に会計を待たず帰れる。電子マネーの普及で入出金機や釣り銭機の需要減少が見込まれており、現金以外の決済手段への対応を急ぐ。

患者は診察券番号やクレジットカード情報、メールアドレスを登録しておく。病院は事務作業の手間が省けるほか、クレジットカード会社と個別契約する必要がない。まず、東京衛生病院(東京・杉並)に納入した。同病院では職員が少なくなる土日に会計の待ち時間が長くなりがちだった。

医療機関向けソフトウエア開発・保守のCEホールディングス(HD)と共同開発した。グローリーはハードウエアと後払いに関する契約部分、CEHDはソフトウエアの開発を担当した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン