/

この記事は会員限定です

王国に低金利の波 主要6信金で減益(ナゴヤ金融の今)

[有料会員限定]

中部の主要10信用金庫(預金量8000億円以上)の2018年3月期決算は、6信金で本業のもうけを示す実質業務純益が前の期に比べ減少した。貸出金利の低下による利息収入の減少が主な要因だ。預金シェアなどの高さから「信金王国」とも呼ばれる中部でも、低金利による信金の苦戦が鮮明になった。

実質業務純益が減少したのは岐阜(岐阜市)と碧海(愛知県安城市)、豊田(同豊田市)、西尾(同西尾市)、東濃(岐阜県多治見...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り759文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン