/

この記事は会員限定です

新和メッキ、航空機部品の表面加工に参入

[有料会員限定]

めっき処理業の新和メッキ工業(新潟県上越市)は航空機部品の表面加工に乗り出す。一般的な亜鉛めっきと比べ、さびを防ぐ耐性が20倍以上の表面処理技術を生かす。2021年までに本社工場の設備を刷新し、加工精度を高める。現在はガス機器や農機具の部品めっきが主力だが、成長が期待される航空機関連市場に参入し、収益源を広げる。

県外の航空機部品メーカーや専門商社から約200万円分を受注する。機体の安全を確保する...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り771文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン