/

寝具の西川産業ら3社、経営統合を発表

寝具メーカー大手の西川産業と京都西川(京都市)、西川リビング(大阪市)の3社は経営統合へ向けた協議を進めると発表した。2019年2月1日をメドに3社を合併する予定だ。健康志向の高まりなどを背景に睡眠への関心は高まっている。3社の経営資源を集め、競争力を高める。

西川産業など3社は1566年に滋賀県で創業した生活用品店が起源とされる。1941年に東京、京都、大阪に構える寝具専門店がそれぞれ独立し分社化。その後、西川産業、京都西川、西川リビングへと成長した。統合が実現すれば80年ぶりの再結集となる。

西川産業は17年に睡眠環境の改善を支援するサービス「ねむりの相談所」を立ち上げたほか、3月にはパナソニックと睡眠関連サービスの共同開発を始めている。

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン