2018年11月16日(金)

オン・ザ・グリーン

フォローする

シニアツアー活況 伊沢が参戦、谷口も初出場
編集委員 吉良幸雄

(1/2ページ)
2018/7/12 6:30
保存
共有
印刷
その他

男子シニアツアーで、レギュラーツアーで賞金王に輝いた“大型新人"たちがデビューし始めた。今週7月12日開幕の日本シニアオープン選手権(北海道ニドムCニスパ)には、2002、07年賞金王の谷口徹がシニア初登場する。

1968年生まれの谷口は、2月に50歳の誕生日を迎えた。シニアツアーを統括する日本プロゴルフ協会(PGA)にシニア登録すれば、4月の開幕戦、金秀シニア(沖縄)から出場できたが登録を見送っていた。

谷口(左)は日本プロ選手権を50歳で制した=共同

谷口(左)は日本プロ選手権を50歳で制した=共同

谷口には「レギュラーツアーで戦える限りは……」というこだわりがある。実力はなお健在。5月の日本プロ選手権(千葉・房総CC房総)では雨の中、藤本佳則をプレーオフで破り、3度目の大会制覇を史上最年長国内メジャーVで飾った。日本ゴルフ協会(JGA)が主催する日本シニアオープンにも当初は出場する予定はなかったが、前週のセガサミー杯(予選落ち)に続く北海道開催で、次週の全英オープン(カーヌスティ)出場がかなわなかったため、参加することにしたという。

実績あれど50歳はあくまで新人

シニアツアーは“年功序列"的で、年齢が幅をきかせる。いくらそれまでの実績があっても50歳はあくまで新人だ。プロアマ大会に1組に1人ずつ、シニアメンバーが参加した日本プロの前夜祭で、「シニア選手は壇上に上ってください」とアナウンスがあると、谷口は「『おまえ、上れよ』と先輩から集中砲火を浴びた」と苦笑する。

シニアツアーには同学年で顔なじみの山添昌良が昨秋から参戦し、金秀シニア、すまいーだカップ(6月、栃木)とすでに2勝をマーク。ツアーでの生涯獲得賞金は2461万円なのに、今季はシニアで1578万円を稼ぎ、賞金ランク2位。「昔から知っているけれど、あいつが勝つとは」と谷口は“対抗意識"を燃やす。

01、03年賞金王で68年3月生まれの伊沢利光も第4戦のすまいーだ杯(26位)でデビューしたばかりだ。第5戦のスターツシニアは脇腹痛のため欠場した。今季はレギュラーツアー1試合、下部のAbemaTVツアー4試合にも出場。思うような成績を残せていないが、日本シニアオープンでは、谷口とともに日本オープン、シニアオープンとダブルタイトル獲得を目指す。

ツアーでは長く名前を見ることがなかった「オールドネーム」もシニアでは顔を見せている。弱冠20歳でツアーデビューした西川哲だ。日経カップ中村寅吉メモリアルでツアー3勝目を挙げた95年を最後に賞金シード陥落。12年からはまったくツアーに出ていなかった。その間、競馬関連会社の社長を務めるなど「月イチゴルファー」になっていたが、シニア入りを機に競技生活に戻ってきた。以前に頸椎(けいつい)ヘルニアを患ったこともあり、まずは練習ができる体づくりを、と「1年前から体幹を鍛えるなどトレーニングして準備をしてきた。腰や膝などのケガは嫌だし、6、7キロ体重も絞った」という。50歳になって2週間後、富邦仰徳シニア盃(台湾)でデビューした。

  • 1
  • 2
  • 次へ

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

ゴルフコラム

スコアアップヘ

電子版トップスポーツトップ

オン・ザ・グリーン 一覧

フォローする
畑岡はTOTOジャパンクラシックで米ツアー2勝目を挙げた=共同共同

 国内で開催される唯一の米ツアー大会、TOTOジャパンクラシック(11月2~4日、滋賀・瀬田GC北=パー72)で、米ツアー参戦2年目の畑岡奈紗(19)が4打差の3位タイから67で回り、通算14アンダー …続き (11/8)

日本オープンで初優勝した稲森。大会期間中、選手とギャラリーが計算されたルートを行き交い、活気があった(横浜CC)=共同共同

 今年の男子ゴルフの日本オープンが行われた横浜カントリークラブの変貌ぶりは感動的でさえあった。クラブハウス前に大きく造成された緑の芝生のマウンドは開放的なムード。トーナメント開催時は選手とギャラリーが …続き (10/25)

安田は17年夏からツアー9試合に出場し、全て予選突破している=共同共同

 畑岡奈紗(19)、勝みなみ(20)、新垣比菜(19)、小祝さくら(20)ら、1998年4月~99年3月生まれの「黄金世代」は、今や広く世間に知られている。女子プロゴルフ界の一大勢力となった「黄金世代 …続き (10/11)

ハイライト・スポーツ

会員権相場情報

[PR]