2019年2月20日(水)

ピッチの風

フォローする

8年を経て…「自分たちのサッカー」ロシアで完成
編集委員 武智幸徳

(1/4ページ)
2018/7/11 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会の終幕が近づいている。夏のロシアの気候がサッカー向きなことからハイレベルな試合が多く見られるのではと期待していたが、いざ始まってみると、予想をはるかに超える熱戦が多かった。その中に日本代表の戦いが含まれたことが、とても誇らしい。

「南アでの悔しさ」ようやく払拭

ロシアで日本は4試合を戦い、最終的に1勝1分け2敗で大会から去ることになった。得点6、失点は7…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

サッカーコラム

電子版トップスポーツトップ

ピッチの風 一覧

フォローする
長友のハンドをめぐり、主審(中央)に詰め寄るオマーンの選手たち=APAP

 サッカーのアジアカップはベスト16の顔ぶれが出そろった。今回は日本でテレビ観戦を決め込んでいるが、放送の間にちょっと気になるのが「中東の笛」というフレーズである。そんなもの、本当にあるのだろうか。
…続き (1/18)

香川(手前右)は今季、クラブで出場機会に恵まれていない=ロイターロイター

 サッカーのドイツ・ブンデスリーガの強豪ボルシア・ドルトムントが、11月に日本のスポンサーを対象にしたワークショップを開いた。日本代表の香川真司も所属する世界でも有数のビッグクラブが日本で初めて行う、 …続き (2018/12/7)

川崎はここ5試合、負けていない=共同共同

 2018年の明治安田生命J1リーグは昨季のチャンピオン、川崎が今週末の第32節にも優勝を決める勢いだ。2連覇を達成すれば、12年、13年の広島以来、5チーム目の快挙になる。 …続き (2018/11/9)

ハイライト・スポーツ

[PR]