2018年7月18日(水)

マイクロソフト、10インチの「サーフェス」 iPadに対抗

ネット・IT
北米
2018/7/10 11:50
保存
共有
印刷
その他

 【ルイビル(ケンタッキー州)=白石武志】米マイクロソフトは9日、同社のタブレット型パソコン「サーフェス」シリーズで最小となる10インチの画面を搭載した「サーフェスゴー」を8月2日に米国で発売すると発表した。価格は399ドル(約4万4000円)から。既存の最安モデルの半額に抑え、米アップルの「iPad」(価格は329ドルから)に対抗する。

マイクロソフトが発売するタブレット型パソコン「サーフェスゴー」

 サーフェスゴーは基本ソフト(OS)に「ウィンドウズ10」を採用した。1回の充電で9時間稼働できる電池を搭載しつつ、重さは約520グラムとシリーズで最軽量に抑えた。別売りのキーボード付きカバーや入力用ペンなどを組み合わせることで、パソコンと同じような使い方もできる。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報