2018年11月22日(木)

台風8号、先島諸島に接近 非常に強い勢力

2018/7/10 11:33
保存
共有
印刷
その他

非常に強い台風8号は10日、沖縄・宮古島の東の太平洋上を西寄りに進んだ。勢力を維持したまま那覇市の南海上を進み、10日夕から夜にかけて先島諸島にかなり接近する見込み。気象庁は暴風や猛烈な雨、高潮に警戒を呼び掛けた。沖縄県内の空港を発着する便を中心に欠航が相次いだ。

気象庁によると、台風は10日正午現在、宮古島の東南東約110キロの海上を時速約30キロで西北西へ進んだ。中心気圧は935ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は50メートル、最大瞬間風速は70メートル。中心から半径190キロ以内では風速25メートル以上の暴風域。

速度が速く、接近すると急激に風が強まる恐れがある。予想される最大瞬間風速70メートルは、住宅が倒壊したり鉄骨構造物が変形したりする強さ。

沖縄は暴風警報が出る見通し。10日朝から暴風となり、海は昼前から11日未明にかけて猛烈なしけになりそうだ。

10日に予想される最大風速(最大瞬間風速)は宮古島と八重山50メートル(70メートル)、沖縄本島23メートル(35メートル)、大東島17メートル(30メートル)。波の高さは宮古島と八重山12メートル、沖縄本島9メートル、大東島6メートル。11日正午までの24時間予想雨量は宮古島と八重山250ミリ。

〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報