検事総長に稲田氏起用

2018/7/10 9:45
保存
共有
印刷
その他

政府は10日の閣議で、退官する西川克行検事総長の後任に稲田伸夫東京高検検事長を起用する人事を決めた。東京高検検事長に八木宏幸次長検事、次長検事に堺徹仙台高検検事長、仙台高検検事長に大谷晃大横浜地検検事正をそれぞれ起用する。発令はいずれも25日付。

稲田 伸夫氏(いなだ・のぶお=検事総長)79年(昭54年)東大法卒、81年東京地検検事。法務次官、17年東京高検検事長。奈良県出身、61歳。

八木 宏幸氏(やぎ・ひろあき=東京高検検事長)79年(昭54年)中大法卒、81年大阪地検検事。東京地検検事正、16年次長検事。大阪府出身、62歳。

堺 徹氏(さかい・とおる=次長検事)82年(昭57年)東大法卒、84年札幌地検検事。東京地検検事正、17年仙台高検検事長。和歌山県出身、59歳。

大谷 晃大氏(おおたに・こうだい=仙台高検検事長)82年(昭57年)東大法卒、84年東京地検検事。京都地検検事正、16年横浜地検検事正。兵庫県出身、61歳。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]