スピンアウトの意地 大手が諦めた難病薬に挑戦
キュラディムファーマ 内ケ崎哲社長

2018/7/10 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新薬創出をめざすキュラディムファーマ(東京・千代田)は、産業革新機構やSMBCベンチャーキャピタルなどから11億円超を調達した。国内の創薬シーズを発掘して実用化するのがミッションで、英国で神経難病の薬の試験を始めている。第一三共出身で新薬開発経験のある内ケ崎哲社長に展望を聞いた。

――どのような新薬を開発しているのですか。

「多発性硬化症という、自己免疫の異常で生じる神経難病の薬だ。自分の神経細…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]