2018年9月25日(火)

大阪市、LGBTのカップル認定 市長が受領証交付

関西
2018/7/9 20:21
保存
共有
印刷
その他

 大阪市は9日、性的少数者(LGBT)のカップルを公的に認める「パートナーシップ宣誓証明制度」を始め、証明書となる「受領証」の交付式を開いた。同制度は札幌市や福岡市など全国で7自治体が既に導入しており、政令市では3例目。

吉村市長(左)に宣誓書を読み上げるカップル(9日、大阪市役所)

 交付式に臨んだ3組のカップルは、吉村洋文市長に宣誓書を手渡し、替わりにカード型の受領証を受け取った。吉村市長は「大都市の大阪も第一歩を踏み出した。全国に制度が広がるよう国にも働きかけていきたい」と話した。

 宣誓した大阪市北区の弁護士、吉田昌史さん(40)は「同性愛者であることを周囲に言えない時期もあった。パートナーと宣言できることがうれしい」。交際相手で同区の弁護士、南和行さん(41)は「国も同性婚を認めようという機運が高まれば」と期待を示した。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報