2019年2月20日(水)

オウムを生んだ「社会の病」 心の弱さがリスクに

2018/7/9 19:40
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

豊かになったはずの平成の日本社会で、犯罪史上類を見ない無差別テロ事件にまで突き進んだオウム真理教。教団による一連の事件があぶり出した社会の病とは何だったのか。その教訓は果たして生かされているのか。有識者に聞いた。

◇元外務省主任分析官の作家、佐藤優氏

オウム真理教の標的は経済のグローバル化やバブル崩壊に伴うエリート層の若者の孤独感や将来不安だった。多くの若者が強固な思想的背景のないオウムに取り込…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報