/

この記事は会員限定です

人材派遣大手、RPA人材の育成に注力

[有料会員限定]

人材派遣大手がパソコンの定型作業を自動化するRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)に精通した派遣労働者の育成に注力している。パーソルホールディングスが月内に90時間の集中講座を開き、ヒューマンホールディングスは三大都市で開講中の1日講座を近く地方中枢都市に広げる。人手不足で企業のRPA導入が広がるとみて、派遣労働者のRPAスキルを高める。

パーソルは自社の登録派遣労働者向けに90時間の集中研修を始める。NTTデータのRPAソフト「WinActor...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り949文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン