/

この記事は会員限定です

西日本豪雨、ウエザーテックも奔走

[有料会員限定]

西日本を襲った記録的な豪雨。気候情報関連のスタートアップに、どのような影響があったのか。日本気象協会の公式天気予報アプリを開発・運営するALiNKインターネット(アリンク、東京・新宿、池田洋人社長)が取材に応じた。

同社は大雨特別警報が発令された6日以降、社員を24時間体制で情報収集に当たらせ、情報を逐次更新している。池田社長は「我々の情報が避難動向を左右する可能性もあり命の関わる問題なので非常...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り501文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン