/

この記事は会員限定です

太陽光パネル、国内勢苦境 三菱電機が部材撤退

[有料会員限定]

太陽光パネルの国内メーカーが苦戦している。国内市場が縮小に転じる中、海外勢が低価格で攻勢をかける。三菱電機は中核部材の生産から今春、撤退した。京セラは2017年に国内シェア首位から転落し、工場の生産集約を急ぐ。国内勢は付加価値の高い省エネシステムに活路を見いだすなど、事業の見直しが急務になっている。

三菱電機は中津川製作所の飯田工場(長野県飯田市)で手がけていたパネルの中核部材であるセルの生産を18年3月で終了...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1133文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン