/

全日空の欠航、176便追加 13日~22日

ボーイング787搭載の英ロールスロイス製エンジンの点検で、6日から国内線の一部を欠航している全日空は9日、新たに13~22日の176便を欠航すると発表した。8月にかけ欠航が続く見通し。

新たな欠航便は羽田と国内11空港を結ぶ便で、約3万6千人に影響が出る。他社便や新幹線といった代替交通機関がある福岡や大阪、広島などの幹線を選んだ。既に決まっていた今月6~12日の113便と合わせ、欠航は計289便。今月12日に23~31日分、17日に8月分の欠航を追加で発表する予定。

全日空によると、このエンジンはメーカーの設計上の問題で、空気の圧縮機のブレード(羽根)に亀裂が入る恐れがあるとして、国土交通省の指示を受け順次点検中。

不具合のあった部品は交換して対応しているが、同じエンジンを使う外国の航空会社も同様の点検をしており、部品の供給が間に合っていない。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン