2018年7月20日(金)

中華料理も値上げ、早すぎた米国超える習宣言のツケ
編集委員 中沢克二

トランプ政権
貿易摩擦
習政権ウォッチ
習政権
経済
コラム(国際・アジア)
中国・台湾
北米
ビジネス
(1/3ページ)
2018/7/10 5:50
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 米大統領のトランプが怒ると中国9億の農民の食卓まで貧しくなる――。

 これは風が吹くと桶屋がもうかる式の与太話ではない。今や中国の広大な農村部に戸籍を持つ9億もの人々でさえ日々、食べる安い中国料理の必須食材を米国に頼っている。

 油で揚げた鶏肉を使う油淋鶏や辣子鶏、豚肉とキャベツを炒めた回鍋肉……。代表的料理の調理と食材にふんだんに使う食用油の相当部分は米国、ブラジル産など輸入大豆から作る。鶏肉、豚…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報