/

この記事は会員限定です

豪雨、企業のBCPに再考迫る 「災害別の対策を」

[有料会員限定]

西日本での豪雨の影響が企業活動に広がっている。地震や集中豪雨など想定外の被害をもたらす自然災害が増え、企業側の対策も難しくなってきている。「地震プラスα」の複数のリスクを想定したBCP(事業継続計画)が求められる時代に入っている。

リスクコンサルティングのSOMPOリスケアマネジメント(東京・新宿)の篠目貴大BCMコンサルティング部長は「地震や火災など原因事象を特定してから影響を考えるより、機械が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り682文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン