/

日米韓外相、完全非核化へ結束 「北朝鮮への制裁継続」

日米韓3カ国の外相は8日、都内で会談し、北朝鮮の完全な非核化の実現に向け結束する方針を確認した。ポンペオ米国務長官は会談終了後の記者会見で「北朝鮮は完全な非核化にコミットすると再度約束した」と強調。経済制裁について「非核化が完全に終わるまで続ける」と明言した。

ポンペオ氏は会談で、6~7日に北朝鮮の平壌を訪問し金英哲(キム・ヨンチョル)副委員長と協議した内容について、河野太郎外相と康京和(カン・ギョンファ)韓国外相に説明。完全で検証可能かつ不可逆的な非核化(CVID)に向けた具体的な手順について協議した。

ポンペオ氏は北朝鮮に日本人拉致問題を改めて提起したことも説明。河野氏は謝意を示した。

3カ国会談に先立ち、河野氏とポンペオ氏は個別に会談した。ポンペオ氏は会談後にツイッター上で「『最大限の圧力』の維持」について議論したと発信した。トランプ米大統領は米朝首脳会談前に「『最大限の圧力』は使わない」と発言していたが、今回、ポンペオ氏はこの表現を使った。北朝鮮が米国側をけん制する発信をしていることに反応したとみられる。

共同記者会見をするポンペオ米国務長官(8日午後、東京都港区の飯倉公館)=代表撮影

ポンペオ氏、北朝鮮に反論「それを言うなら世界中が強盗に」

ポンペオ氏は3カ国会談後の記者会見で、北朝鮮が米国側の非核化の要求を「強盗のような要求」と非難したことについて「それを強盗というなら世界中が強盗になる」と反論した。

安倍晋三首相とポンペオ氏も同日、首相官邸で会談した。首相は「北朝鮮の核・ミサイル・拉致問題の解決は日本と地域の平和と安定に極めて重要だ。日米で連携して解決したい」と話した。ポンペオ氏は「これから協力していかなければならない課題が山積している」と述べた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン