2018年11月17日(土)

拝啓 ベーブ・ルース様

フォローする

エンゼルス、性急な大谷復帰に託したもの
スポーツライター 丹羽政善

(1/2ページ)
2018/7/9 6:30
保存
共有
印刷
その他

米国のチームスポーツでは度々、ある一人の選手が加わることで、チーム状況に変化が見られることを「Chemistry(ケミストリー)」という言葉を用いて表現する。直訳すれば「化学」だが、この場合、「相性」という解釈が正しい。新しく加入した選手とすでにいる選手との相性はどうか、というわけだ。

たとえばその選手が和を乱すようなタイプで、チームの中にギスギスした空気を持ち込み、負けが込むようなことになるなら「バッドケミストリー」。簡単にいえば、悪影響をもたらしていることになる。逆にその選手が加わったことで、チームのムードが変わり好結果が表れるようなら、それは「グッドケミストリー」。その選手が入ることでいい刺激が生まれ、それが相乗効果を生む。

わかりやすい例が、2001年のイチローとマリナーズではないか。あの年、打線の軸だったアレックス・ロドリゲス(現解説者)が抜けるなどし、チーム力低下が懸念されていた。前年は91勝を挙げてプレーオフに出場したが、よくて現状維持。そもそもイチローでは懸念だった1番打者の穴は埋まらない、との見方は少なくなかった。

ところが、シーズンが始まってみれば連戦連勝。開幕戦からセンセーショナルな活躍を続けたイチローにつられるように、多くの選手がキャリアハイの数字を残し、チームは大リーグ記録タイとなるシーズン116勝をマーク。イチローはチームのケミストリーに劇的な変化をもたらした。

大谷の存在はチームの浮沈を左右しそうだ=AP

大谷の存在はチームの浮沈を左右しそうだ=AP

大谷は「グッドケミストリー」

大谷翔平とエンゼルスに目を転じれば、今季序盤、やはり同じような効果が見られた。

キャンプではマイナー調整の可能性さえ報じられた大谷だったが、シーズンに入った途端、打席でもマウンドでも多くの予想を大きく上回る活躍。投打の「二刀流」を疑う声を消した。それに伴ってチームも勝ちを重ね、開幕から16試合を終えた時点で13勝3敗はフランチャイズ史上最高の好スタート。その時点で大谷は打者として8試合に出場し、打率3割6分7厘、3本塁打、11打点。投手としては2試合に先発して2勝0敗、防御率2.08、18三振(13イニング)。開幕ダッシュの原動力は紛れもなく大谷だった。

ただ、そんな勢いも大谷のバットが湿り始めて、ブレーキがかかる。

大谷が打者として出場した最初の20試合(3月29日~5月11日)は打率3割4分8厘、5本塁打、16打点。得点に密接な関わりがあるOPS(出塁率+長打率)は、0.8を超えれば優秀という目安に対して1.044という驚異的な数字をマークした。その間のチームの1試合平均得点は6.15点で、勝敗は13勝7敗だった。

ところがそれ以降は――。5月15日から6月6日の登板後に右肘に張りを訴え、靱帯の損傷が発覚するまでの14試合は打率2割、1本塁打、4打点、OPS0.701。その間のチームの1試合平均得点は4点ちょうど。勝敗は6勝8敗だった。

それでもまだ、大谷がラインアップに名を連ねている限りは大崩れしていない。さらに大谷の場合、投手としても貢献。5月以降、5試合に先発して3点以上を取られたことがなく、チームを下支えしていた。

  • 1
  • 2
  • 次へ

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

大リーグコラム

電子版トップスポーツトップ

拝啓 ベーブ・ルース様 一覧

フォローする
右肘手術を受けることが決まり、記者会見する大谷=共同共同

 あれは8月半ば、いや、9月頭の米テキサス遠征でのことだったか。
 まるで冷蔵庫のように冷房が効いた大リーグ、レンジャーズ本拠地のビジターチームのクラブハウスにいたときのこと。バックパックを背負ったエン …続き (10/1)

大谷は2日のアストロズ戦で88日ぶりの登板を果たしたが…=共同共同

 どこからブルペンを見ようかと、左中間からセンター方向を眺めていた。
 米大リーグ、レンジャーズの本拠地グローブライフ・パークのセンターには、バックスクリーン代わりの芝生の坂の上にバーがある。そこからな …続き (9/17)

大谷は3カ月ぶりにメジャー登板を果たした=APAP

 2日(日本時間3日)に投手としての復帰を果たし、再び投打の「二刀流」選手としてフィールドに立ったエンゼルスの大谷翔平。来季も同様の起用が想定されるが、それを支えてきたマイク・ソーシア監督勇退の噂、主 …続き (9/3)

ハイライト・スポーツ

[PR]