/

この記事は会員限定です

村田製作所、基幹電子部品2~3割値上げ 18年ぶり

[有料会員限定]

村田製作所は電子機器の基幹部品のセラミックコンデンサーを全製品で2~3割値上げする。スマートフォン(スマホ)の高機能化に加え、車の電子化、次世代通信規格「5G」設備で需給が逼迫しており、投資負担や人件費増を転嫁する。値上げはIT(情報技術)バブル期の2000年以来、18年ぶりとなる。電子部品の不足は世界のデジタル機器や車の価格に影響を与えそうだ。

セラミックコンデンサーは基板に搭載し電子回路のノイズを除去し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り610文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン