2018年11月15日(木)

国連事務次長が訪朝へ、人道支援関連で

2018/7/7 3:12
保存
共有
印刷
その他

【ニューヨーク=高橋里奈】国連は6日、マーク・ローコック事務次長(人道問題担当)兼緊急援助調整官が9~12日に北朝鮮を訪問すると発表した。政府関係者や人道支援関連の担当者らと面会する予定。北朝鮮では国民の4割の1030万人が食糧や医療などの支援を必要としているが、国際社会からの支援は激減している。

国連の緊急援助調整官が訪朝するのは2011年以来初めて。ローコック氏は首都平壌を訪れるほか、地方も視察する計画だ。

過去数年で緊張が高まった北朝鮮の核・ミサイル危機により国際支援は激減している。国連は朝鮮半島情勢が融和ムードに転じたことを機に、国際社会からの支援を引き出す考えだ。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報