/

この記事は会員限定です

銅、大豆など商品市況揺れる

株式市場では買い戻し先行

[有料会員限定]

米中それぞれの制裁関税発動を受け、モノの動きを敏感に映し出す商品市況は大きく反応した。

銅の国際価格は急落し、指標となるロンドン金属取引所(LME)の3カ月先物は6月上旬の直近高値に比べ1割強安い水準に落ち込む。銅は制裁の直接の対象になってはいないが、自動車や電子部品などに広く使われるため、「貿易摩擦に伴う中国経済の悪化懸念を反映した」(住友商事グローバルリサーチの本間隆行経済部長)。

中国が報復...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り371文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン