新潟・糸魚川の「フォッサマグナパーク」刷新

2018/7/6 23:00
保存
共有
印刷
その他

新潟県糸魚川市は8月2日、野外博物館「フォッサマグナパーク」を改装オープンする。施設は日本列島を東西に分断するフォッサマグナ(大地溝帯)の糸魚川―静岡構造線の断層露頭を見ることができる。来場者が見やすいよう展示を改めた。

2017年から工事を始め、観察できる断層の面積を広げたほか、一部を切り取り遊歩道脇にも展示した。従来は断層の色が周囲と区別できず、観察しづらいとの指摘があったという。

フォッサマグナパークは国連の世界ジオパークに認定されている「糸魚川ジオパーク」の構成施設の一つ。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]