/

本田選手「元気届けたい」 大阪府を表敬訪問

サッカーワールドカップ(W杯)ロシア大会で日本代表として活躍した本田圭佑選手(32)が6日、大阪府の松井一郎知事らを表敬訪問した。

松井一郎知事(中)らを表敬訪問した本田圭佑選手(右)(6日、大阪府庁)

本田選手は同府摂津市出身。6月に大阪府北部で起きた地震に触れ「少しでも元気を届けたい思いでプレーした」と振り返り、災害支援の義援金を贈呈した。松井知事は「地元ゆかりの選手の活躍は被災者の皆さんも勇気づけられた」と述べた。

大阪府は2025年国際博覧会(万博)の誘致を目指しており、本田選手はPRの特使も務める。「大阪で開催するために手伝えることには貢献していく」と話した。

大阪・ミナミでは今回のサッカーW杯でも道頓堀川に飛び込む人が多かった。同席した吉村洋文市長は「本田選手からも危ないから控えるように伝えてくれないか」と求めていた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン