/

この記事は会員限定です

北朝鮮の鉱物資源、推定300兆円規模 日本企業は活用に慎重姿勢

[有料会員限定]

緊張が続いた米国と北朝鮮の関係は6月の両国首脳会談を経て対話機運が出ている。北朝鮮はマグネサイト(炭酸マグネシウム)やタングステンといった鉱物資源が豊富とされる。市場への出回りが増えれば価格の下押しにつながる可能性がある。国際社会の制裁が続き、商社などでは同国産の鉱物活用に消極的な意見が根強い。

市場関係者によると、北朝鮮にある鉱物資源は300兆円規模にのぼるとみられる。米地質調査所(USGS)や...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り764文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン