2018年11月15日(木)

被後見人の資産 使い込みを防止 福井4信金が新預金

2018/7/6 19:31
保存
共有
印刷
その他

福井信用金庫など福井県内の4信金は、家庭裁判所の指示書がなければ入出金ができない預金の取り扱いを始めた。成年後見人が被後見人の資産を不正に使い込むのを防止する。裁判所が指示書を出した成年後見人のみが開設でき、案件ごとに指示書が必要になる。同県に本店を置く金融機関としては初めての取り組みになるという。

福井信金と敦賀、小浜、越前の4信金で「後見支援預金」の統一名称で取り扱う。通帳による取引のみ可能で、キャッシュカードやクレジットカードは発行しない。

家裁と協議した結果、必要なサービスと判断した。石川県の5信金も同様のサービスを6月から始めており、全国的に広がりを見せている。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報