2018年11月22日(木)

九州北部で記録的大雨 昨年豪雨に続く特別警報

2018/7/6 19:25 (2018/7/6 21:10更新)
保存
共有
印刷
その他

前線の影響で九州北部では6日、記録的な大雨が降り、気象庁は同日夕、福岡、佐賀、長崎の3県に大雨特別警報を発令した。福岡では九州初の発令となった1年前の九州北部豪雨に続き2回目。北九州市の住宅で夫婦が土砂崩れに巻き込まれたほか、線路に流れ込んだ土砂で列車が脱線するなど各地で被害が出た。

住宅に土砂が流れ込んだ北九州市門司区の現場(6日午前)=共同

夜には広島、岡山、鳥取各県にも特別警報が出た。5日以降の大雨による死者は京都府の女性ら計3人。気象庁は「重大な危険が差し迫った異常事態」として最大級の警戒を呼び掛けた。

福岡管区気象台によると、暖かく湿った空気が南から流れ込み、停滞中の前線の活動が活発化。この影響で非常に激しい雨が7日にかけて断続的に降り、8日ごろまで九州北部の広い範囲で大雨となるおそれがある。佐賀市北山では6日夕方までの24時間降水量が約460ミリに達した。

福岡県によると、6日午後6時時点で県内の冠水や土砂流入などによる道路被害は24市町の172件。崖崩れなどの土砂災害は19市町の304件となっている。避難指示は約17万3千世帯、約37万9千人に出され、福岡市内では57カ所に621人が避難した。

福岡県警などによると6日午前、北九州市門司区奥田の住宅地に土砂が流入し、1棟が全壊した。住んでいた60代夫婦が生き埋めになっているとの通報を受け、陸上自衛隊や消防が救出活動を続けている。30代の娘は救出され病院に搬送されたが、命に別条はない。隣接する数棟にも被害が及んだが、すでに避難していたという。

福岡県みやこ町の住宅では午後5時40分ごろ「女性が土砂に埋まっているようだ」と110番があった。県警によると約2時間後に高齢女性を救出した。軽傷という。

JR九州によると、佐賀県唐津市のJR筑肥線で同日午後、一時停止した列車に沿線で崩れた土砂が衝突し、電車が脱線した。乗客はおらず、けが人はいない。同社によると、線路が冠水するなどの被害が出ている場所もあるという。

福岡市早良区脇山では土砂崩れが起き、一部の道路が通行止めになった。6日午後4時ごろには同市立入部小の近くの道路が冠水し、歩道に水があふれた。北九州市小倉南区の自然体験施設では、小学生を含む24人が周辺道路の土砂崩れのため一時孤立した。

福岡市は6日、市内に住む約3万6千人の外国人の問い合わせに対応するため電話専用窓口を設けた。英中韓の3カ国語で24時間対応し、避難指示などの必要な情報を翻訳して発信する。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報