2019年9月23日(月)

9/23 0:00更新 マーケット 記事ランキング

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,079.09 +34.64
日経平均先物(円)
大取,19/12月 ※
21,910 +40

[PR]

業績ニュース

オンワードが28%減益 3~5月最終、主力ブランド不振

2018/7/6 20:30
保存
共有
印刷
その他

オンワードホールディングスが6日発表した2018年3~5月期の連結決算は、純利益が前年同期比28%減の21億円だった。ネット通販は好調だったが、天候不順で百貨店の春物衣料などが苦戦した。新しい物流施設の稼働に伴う費用も膨らんだ。海外事業も販促費が利益を圧迫した。

売上高は微減の608億円、営業利益は22%減の35億円だった。4月の気温の上昇が早く春物販売が苦戦した。「ポール・スミス」はバッグなどの雑貨品が伸びて8%増収になったが、主力ブランド「23区」や「組曲」が前年割れだった。

オンワード樫山のネット通販の売上高は36%増と大きく伸びた。ネット通販が売上高全体に占める割合は13%になった。

好採算の「23区」の不振で、粗利益率は1%低下した。千葉県習志野市の新物流施設の稼働に伴い初期費用が増加、海外事業も販促費がかさみ減益となった。売上高営業利益率は5.8%と1.6ポイント下落した。

19年2月期通期の業績予想は据え置いた。売上高は前期比2%増の2485億円、純利益は12%増の60億円を見込む。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。