/

この記事は会員限定です

欧米の航空2強、支配維持へ買収攻勢 MRJに試練

[有料会員限定]

世界の航空機産業の2強、米ボーイングと欧州エアバスが寡占を盤石なものにしつつある。ボーイングは5日、ブラジルのエンブラエルとの間で小型旅客機事業を事実上買収することで合意。エアバスも1日、カナダのボンバルディアが開発した小型機事業を傘下に収めた。大きな成長が見込める小型機の市場を囲い込み、新たな競合に備える狙いもうかがえる。一方、ボーイングの協力を得ながら「MRJ」で新規参入を目指す三菱航空機(愛...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2148文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン