2018年10月19日(金)

測量の主役交代 圧倒的効率でレーザースキャナー

コラム(テクノロジー)
科学&新技術
(1/2ページ)
2018/7/26 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

建設工事に必須の測量の主役が近い将来、交代しそうだ。地上で1点ごとの距離を測るトータルステーション(TS)に代わり、ドローン(小型無人機)などを使って広範囲の面的な形状をとらえるレーザースキャナーが主役になる。建設コンサルタント大手のパシフィックコンサルタンツは両者の実力を独自に検証。様々なレーザースキャナーを駆使し、高精度な地形データをTSの半分以下の日数で取得した。

■トータルステーションと勝

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経BPの関連記事

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報