/

関電、スマホで家電を制御 スマートリモコンを活用

関西電力は6日、スマートフォン(スマホ)などから家電を遠隔制御するサービスを8月10日から始めると発表した。関電の利用者向けに専用スマートリモコンを販売。このリモコンを経由してスマホや人工知能(AI)搭載のスマートスピーカーからエアコンやテレビを遠隔操作できる。関電の会員サイトを通じてリモコンの初期設定などが簡単にできる。

エアコン、テレビ、照明に対応し、今後は対応する家電を増やしていく。

利用するにはまず税別1万3000円のスマートリモコンを購入。専用アプリをダウンロードしたスマホや、スマートスピーカーを通じてリモコン経由でエアコンの温度調整やテレビのチャンネル切り替えなどができる。利用は無料。通常のリモコンと同じ赤外線で操作する仕組みのため、家電がWi-Fiなどに対応している必要はない。

こうしたサービスでは専用リモコンの初期設定に手間がかかるが、今回は、関電の会員専用サイトで同型番の家電の登録内容を情報共有できる。他の利用者が既に登録していれば初期設定の手間が省ける。最初に登録した利用者にはポイントを付与する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン