2018年7月16日(月)

7/16 17:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 112円台で巨額のドル売り FX投資家の次の一手[有料会員限定]
  2. 2位: 株、景気への期待再び 長期拡大も「今回は違う」[有料会員限定]
  3. 3位: ROICが変える経営[有料会員限定]
  4. 4位: 国際会計基準の採用企業増加 時価総額で3分の1 海外M&Aの増加反映[有料会員限定]
  5. 5位: GAテクノの樋口社長「不動産売買、AIで効率化」[有料会員限定]

日経商品指数17種

(1970年平均=100)
7月13日 152.796 +0.481

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

鈴木亮の視界亮行[映像あり]

7月13日(金)14:19

ウォルマート 西友売却「決定していない」[映像あり]

トランプ氏が英との貿易協定に難色 穏健離脱を批判

7月13日(金)13:00

[PR]

コモディティーVIEW

フォローする

トウモロコシ、相場下落でも冷めぬ投資熱
商品部 杉山麻衣子

2018/7/10 5:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 米中貿易摩擦への不安に翻弄される穀物市場。中国が報復関税リストに挙げた大豆の国際相場は5日にほぼ9年半ぶりの安値をつけ、5月まで上昇傾向だったトウモロコシも水準を切り下げた。一見すると投資マネーが流出したように思えるが、国際指標であるシカゴ市場への資金流入量をみると全く違った実態が見えてくる。

 米中の報復合戦を受けてトウモロコシのシカゴ相場が1ブッシェル3.3ドル台と約半年ぶりの安値をつけた6月…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

コモディティーVIEW 一覧

フォローする

新着記事一覧

読まれたコラム