2019年5月20日(月)

関西発「スポーツCAFE」

フォローする

オリックス・山本、不動のセットアッパー
度胸と制球、登板楽しむ

2018/7/7 6:30
保存
共有
印刷
その他

「完投してこそ投手」と言われたのは金田正一や鈴木啓示の時代。打高投低になった今のプロ野球では、ブルペンを空にする継投が花盛りだ。そこで脚光を浴びるのが勝ち試合を締めくくるクローザー。最近では八回に登板し、九回の仕上げ役にバトンを渡すセットアッパーも注目されるようになった。

山本は抑えの増井につなぐ重要な役割を果たしている=共同

山本は抑えの増井につなぐ重要な役割を果たしている=共同

今シーズン、とりわけ活躍が目立つセットアッパーに、オリックスの山本由伸がいる。2017年、宮崎・都城高からドラフト4位で入団した19歳の本格速球派右腕。新人だった昨季は5先発で1勝1敗だった。

今季もオープン戦までは先発候補だった。だが、前のクローザー平野佳寿が大リーグ入りし、故障者も続出して救援陣が手薄になった。そこで山本が救援組に回されたのだが、これが見事にはまった。

4月24日に1軍入り。当初はビハインドの展開で救援起用される、いわゆる"負けパターン"に組み込まれていた。ところが、140キロ台後半の速球と高速スライダーで押す投球は、1イニング限定の救援だと十分に通用した。

救援転向3戦目、4月28日のソフトバンク戦で初のホールド(一定の条件を満たした中継ぎ投手に付与される記録)をマークした。2点リードの八回、先発西勇輝のあとを受けて登板。3打者をピシャリと抑えて新クローザー増井浩俊につなぐ、見事なセットアッパーぶりだった。このあとはトントン拍子。"中継ぎエース"と呼んでもいい、安定した投球を見せた。

5月から6月にかけてのセ・パ交流戦はパの新鋭にとって名前を売るチャンス。ここでも山本は10登板、1勝8ホールドを挙げ、交流戦MVPの同僚、吉田正尚に劣らぬ大活躍だった。

力が認められるとマークもされる。再開したペナントレースでは3打者をピシャリ、ばかりではない。だがホールドを順調に積み重ねている。走者を許しても、併殺で切り抜けることが多い。度胸がよく、慌てずに低めをつく制球もいいからだ。なにより、「大事なところで使われて、やりがいがある」と、登板を楽しんでいるのがいい。

クローザーほどには目立たぬ中継ぎ陣の労に報いるタイトルに「最優秀中継ぎ投手」がある。ホールドと救援勝利の合計をホールドポイント(HP)として、最多投手を顕彰する。山本は6日現在、パ・リーグでトップの26HP(救援勝利4、22ホールド)をマークしている。タイトルを取るようなら、推定800万円の年俸は飛躍的に跳ね上がるだろう。=敬称略

(スポーツライター 浜田昭八)

関西発「スポーツCAFE」をMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

プロ野球コラム

17年ドラフト会議

電子版トップスポーツトップ

関西発「スポーツCAFE」 一覧

フォローする
西浦は守備範囲の広さと強肩がセールスポイント共同

 大学や社会人野球でもまれた精鋭が集まるプロ野球で、高卒選手がいきなり活躍するのは難しい。特に野手がレギュラーになるには時間がかかる。だが今季、オリックス・西浦颯大がその壁に挑む。高知・明徳義塾高から …続き (4/28)

メッセンジャーは6度目の開幕マウンドに立つ=共同共同

 開幕投手に選ばれるのは、投手にとってこの上ない名誉だ。今季はこの投手を中心に投手陣を回して戦うと、監督がチーム内外に示すのだ。阪神・メッセンジャー(37)は、この大役を5年連続(6度目)で担う。 …続き (3/29)

福田(手前)の主将抜てきはチーム刷新の象徴でもある=共同共同

 プロ野球の「主将」に、どのような存在意義があるのか。アマなら率先垂範、チームの結束を固める上で欠かせない。だが、プロではチーム事情によって必要とせず、空席のところもある。
 オリックスが今季、4年ぶり …続き (2/23)

ハイライト・スポーツ

[PR]