2018年8月18日(土)

TPP11、国内手続き完了 参加国に通知

政治
2018/7/6 11:00
保存
共有
印刷
その他

 政府は6日、米国を除く環太平洋経済連携協定(TPP)参加11カ国の新協定「TPP11」の国内手続きが完了したと発表した。6月29日に関連法が成立したことに加え、政省令の改正を終えた。6日に参加国に対して、完了したことを通知する。国内手続きを終えたのはメキシコに次いで2カ国目だ。

 TPP11は6カ国以上の国内手続きが終わってから60日後に発効する。日本は他国にも国内手続きを急ぐよう働きかける。シンガポールやニュージーランド、オーストラリア、ベトナムの計4カ国が年内にも国内手続きを終える見通しだ。発効は2019年の初めになる可能性がある。

 発効後には新規加盟を希望する国と正式に交渉に入る。日本は参加国の拡大を目指して議論を主導的な役割を果たしたい考えだ。政府は新規加盟に意欲を示す国々との手続きの内容を詰めるため、7月17~19日に日本で首席交渉官会合を開催する方向で調整している。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報