2018年9月22日(土)

メルケル首相、自動車関税引き下げも

ドイツ政局
ヨーロッパ
2018/7/5 22:12
保存
共有
印刷
その他

 【ベルリン=石川潤】ドイツのメルケル首相は5日、米国による自動車関税の引き上げを回避するため「(欧州側の)関税引き下げの交渉に応じる用意がある」と述べた。関税の交渉は欧州が一致して臨むことが前提になると指摘。引き下げに踏み切る場合には、米国以外の国も対象にすることが世界貿易機関(WTO)のルール上必要だとも述べた。

 ドイツを訪問中のハンガリーのオルバン首相との共同記者会見で発言した。現在、欧州連合(EU)から米国への自動車関税は2.5%、米国からEUは10%かかる。

 独紙ハンデルスブラットによると、トランプ氏に近いグレネル駐独米大使が4日、独自動車大手の社長らとベルリン市内で会い、米国とEU間の自動車への関税をそれぞれゼロにすることを提案していた。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報