/

武蔵野銀、企業の知財活用法を無料で助言

武蔵野銀行は埼玉県産業振興公社などと連携し、県内企業の知的財産の活用を後押しするサービスを始めた。企業が持つ特許や実用新案などの知財情報をとりまとめ、新たな事業展開につながる活用方法などを助言する。県内企業の持つ知財の価値の「見える化」を通じ、事業成長や競争力強化につなげる。

同サービスは無料で提供する。企業の相談に基づき、保有する特許や実用新案、商標などの知財情報を収集。強みを生かせたり、将来性が見込めたりする知財を整理した「知的財産活用カルテ」を作り、企業と情報を共有する。カルテは知財に詳しい同公社の専門家らと協力して作る。

県内の中小企業の中には、有望な技術を持っているにもかかわらず、活用しきれていない事例もある。知財の専門家が整理することで、活用が見込める知財を改めて洗い出し、経営戦略や事業拡大に生かしてもらう狙いだ。

同行は新サービスを通じて将来性が期待できる企業を発掘し、融資などの取引につながる効果を期待している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン