2019年8月23日(金)

お座敷列車で民謡 秋田内陸線、外国人客呼ぶ

2018/7/5 21:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

マタギや秋田犬、熊が描かれた赤い車両。第三セクターの秋田内陸縦貫鉄道(秋田県北秋田市)が寄付金で改修したお座敷列車が4月に走り出した。角館駅(仙北市)と鷹巣駅(北秋田市)の94.2キロを走る秋田内陸線は人口減で経営は厳しいものの、訪日外国人客の増加などで少しずつ明るい兆しが見えてきた。

「初めて乗った秋田内陸線で秋田民謡が聴けて懐かしい」。6月23日。秋田市出身で千葉県市川市から夫婦で旅行に訪れ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。