/

選手も組織もスピード勝負の時代

至言直言 清水秀彦

アルゼンチン戦の前半、ドリブルで攻め上がるフランスのエムバペ(中)=三村幸作撮影

フランス対アルゼンチンの一戦は、ここまで今大会で一番といっていいほどに見応えのある試合だった。点の取り合いがとにかくスペクタクル。一瞬たりとも気が抜けない展開だった。

個を見てもそれぞれ秀でた選手が多いが、組織としてトップスピードの中でボールをコントロールする技が勝敗を分けたと思う。フランスはただボールを回すだけでなく、相手の隙を突き、前におびき出すためにボールを回していた。そして中盤でチャンスがあれば縦パスだけではなく、スピードたっぷりのカウンター。一瞬でスイッチが入り、前線まで思いっきり運ぶのが見事だった。

中でも19歳のエムバペのプレースピード、ドリブルの速さは桁外れ。後半の2得点だけでなく、先制点のきっかけとなった突破など、彼の勢いがチームに良い影響を与えている。選手として頭角を現し始めたばかりの時期に、W杯で結果を出せるのは並大抵の才能ではない。イニエスタ(スペイン)らビッグスターが次々と去る中、新たなスターになる可能性を十分に秘めている。

負けたアルゼンチンはメッシに自由を与えすぎていたのではないか。マスケラーノ、ペレスら周りの選手も高齢化し、自分のプレーで精いっぱい。準優勝した前回大会のようにサポート役として走り回ることができていなかった。にもかかわらず、若い選手を試すことができない悪循環。絶対的エースのメッシが気分よくプレーするにはどうすればいいか、と考えすぎて痛い目を見た形だ。

圧倒的な攻撃力を見せたとはいえ、3失点したフランスにはまだまだ穴がある。相手にボールを保持されて裏のスペースに抜けられると弱い。3失点目の場面でもメッシがクロスを入れると、バランの背後に回ったアグエロにまんまと決められた。今回は早々に先制したことでアルゼンチンも前がかりになったが、次戦のウルグアイは同じようには前に出てこないだろう。引いた相手に対して同じようにスピードに乗れるか。

ルカク(右)らベルギー代表の速攻は印象的だった=沢井慎也撮影

それにしてもベルギーやウルグアイのを戦いぶりを見ても、速攻のすごみが印象的だった。日本の3失点目もそうだったが、10秒足らずであっという間にゴール前までボールを運んでしまう。スピードを上げた状態で何ができるか。その中で冷静に点を決められるか。パスにしても速さに重きが置かれ、スペインのような5メートル単位の細かなパス回しでは勝てない時代となってしまった。

あのブラジルですら、今までの戦い方では勝てないと分かったのだろう。ボールを保持しつつもダイレクトのパスをつなぎ、組織としてのスピードは増している。サッカーは進化しているのだとつくづく実感させられた。

(元仙台監督)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン