/

この記事は会員限定です

ETF争奪戦 東証は出遅れ、低流動性に投資家敬遠

[有料会員限定]

世界の取引所で急成長する上場投資信託(ETF)を巡る陣取り合戦が過熱している。低コストを武器に、世界のETFの売買代金は過去10年で5倍に膨らんだ。米国勢がシェアの過半を握るが、機関投資家の活用が進むETFは将来の成長に不可欠だ。出遅れていた東京証券取引所も証券会社などの関与を促す新制度で巻き返しを狙う。

「世界でETFが人気なのは疑いようがない」。3月、初のETFが登場したカタール証券取引所のラ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1345文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン