2018年7月23日(月)

維新、定数1割減の法案提出へ 参院選改革をめぐり

政治
2018/7/5 18:00
保存
共有
印刷
その他

 日本維新の会は5日、参院選挙制度をめぐり、全国11ブロックの大選挙区制を導入する公明党案をベースに、現行の総定数242の1割を削減する改革案をまとめた。6日にも参院に法案を提出する。

 共産党は5日、全国10ブロック(定数10~40)の比例代表制とする同党案を発表した。党名だけでなく個人名でも投票でき、得票数の多い候補から順に当選する「非拘束名簿式」を採用する。総定数は242を維持する。各党派の合意を重視し、法案提出はしない方針だ。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報