スポーツ > 相撲 > ニュース > 記事

相撲

稀勢の里、秋場所で進退懸ける 8場所連続休場

2018/7/5 18:05
保存
共有
印刷
その他

大相撲の東横綱稀勢の里(32)=田子ノ浦部屋=が5日、8日に初日を迎える名古屋場所(ドルフィンズアリーナ)を休場することが決まった。年6場所制となった1958年以降では、横綱の8場所連続休場は2002年名古屋場所まで休んだ貴乃花を抜いて単独ワースト記録となる。

朝稽古で汗を流す横綱稀勢の里(5日午前、名古屋市=共同

朝稽古で汗を流す横綱稀勢の里(5日午前、名古屋市=共同

休場自体は妥当な判断だろう。稀勢の里は名古屋入りしてから幕内下位力士らと申し合いをこなしてきたが、番数は10番前後と少なく内容も精彩を欠いていた。

横綱審議委員会からは休場期限は設けられていないうえ、6月にはなかった巡業も今月末からは1カ月間みっちり日程が詰まっている。8月は体力づくりや相撲勘を取り戻す絶好機。状況的にも進退を懸けるのは9月の秋場所の方がよかった。

左大胸筋などを痛めてから1年3カ月が経過、元通りになることはもはやないだろう。ならばどこでカバーするか。数々のけがを乗り越え38歳まで現役だった元大関魁皇の浅香山親方は「足をしっかり前に出して体で圧力をかければ、左腕にかかる負担も減る。初心に帰って押されない下半身をもう一回鍛え直す必要がある」と指摘する。

場所前は初めて宮城野部屋へ出向いて、ぶつかり稽古で白鵬の胸を借りた。稽古でのし上がってきたのが稀勢の里だ。以前のように砂まみれになりながら、どこまで自分を追い込めるか。復活のカギは原点回帰の稽古にある。

(金子英介)

保存
共有
印刷
その他

大相撲のコラム

関連キーワード

電子版トップスポーツトップ

相撲 一覧

大相撲秋場所千秋楽で翔猿(手前)を突き落としで下し、初優勝を果たした関脇正代=共同

 初場所と7月場所で優勝争いに競り負けた教訓のたまもの、と今場所の正代は繰り返してきた。「ペースを乱さないこととか、気持ちの持って行き方とか」。このコメント、“14日目までは”という注釈が必要だろう。 …続き (22:45)

 力士24人が新型コロナウイルスに集団感染した大相撲の玉ノ井部屋で、師匠を務める玉ノ井親方(元大関栃東)が27日、入院した力士全員が26日までに退院したと、部屋の公式インスタグラムで明らかにした。
 玉 …続き (22:34)

 大相撲秋場所千秋楽の27日、三賞選考委員会が開かれ、13勝2敗で初優勝した関脇正代が初の殊勲賞と、2場所連続6度目の敢闘賞を獲得した。
 106年ぶりの新入幕優勝はならなかったが、11勝4敗で大活躍の …続き (19:10)

ハイライト・スポーツ

[PR]