2018年11月17日(土)

国内初のダム撤去 60年前の清流が戻ってきた

コラム(テクノロジー)
科学&新技術
(1/2ページ)
2018/7/30 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

熊本県南部を流れる球磨川で、県営「荒瀬ダム」の撤去工事が今年3月に完了した。既にみお筋や砂州が形成されつつあり、そこにダムがあったことはみじんも感じさせない。両岸に残る堤体の遺構が、かつてのダムを想起させる唯一の手掛かりだ。

■治水と環境に配慮したダム撤去計画

水力発電を目的とする荒瀬ダムは、1955年に重力式コンクリートダムとして築造された。県は地元の要望などを背景に、球磨川の水利権が失効した2…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

日経BPの関連記事

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報