/

この記事は会員限定です

タコの卸値上昇 2~5割高、世界的需要増映す

[有料会員限定]

タコの卸値の上昇が続いている。スーパーや回転ずしで扱う輸入の冷凍品は、前年同時期と比べ5割高。瀬戸内などで夏漁が本格化した国産も同2~3割高い。主力のアフリカ産が世界的な需要増で大幅に上昇し、国産タコの価格にも波及している。

東京・築地市場の冷凍タコの卸値は1キロ1500円前後と、前年同時期に比べ5割高い。国産品は2~3割高の同1200~2800円。特に輸入品の値上がりが目立っており「これほどの高...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り465文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン