2019年8月24日(土)

ネット興亡記、全9回通し読み 第1部「夜明け」

2018/7/5 19:00
保存
共有
印刷
その他

インターネットが私たちの手に届くようになって四半世紀。産業革命以来の大変革が世界を覆った。日本にも多くの起業家が誕生した。ネットバブルの崩壊、ライブドア事件、「テックジャイアント」の攻勢――。数々の荒波にもまれ、ある者は去り、ある者は踏みとどまった。

ネットを舞台にした起業家たちの興亡を7月9日から9回連載しました。こちらから通し読みできます。リンクに飛ばない場合はURLをコピーしてください。

【1】ヒルズ族は死なず 7月9日(月)公開 かつて時代の寵児と呼ばれたヒルズ族。若くして手にした巨万の富と羨望のまなざし、そして「大人」たちの反撃。あの頃の若者たちは今も戦っている。原点はヒルズに集った圧倒的な熱量だった。https://www.nikkei.com/article/DGXMZO32692980W8A700C1000000/?n_cid=DSREA001

【2】電話という壁 7月10日(火)公開 日本のインターネットは解体を待つ老朽ビルにオフィスを構えるある会社から始まった。先駆者に立ちはだかったのは100年の歴史を持つ電話という壁。「空白の1年3カ月」の苦悩とは。https://www.nikkei.com/article/DGXMZO32761180Z00C18A7000000/?n_cid=DSREA001

【3】ヤフー発見 7月11日(水)公開 ネット産業に現れた最初の巨人、ヤフー。米シリコンバレーで生まれたベンチャーを「発見」した孫正義氏の奇抜な戦略のヒントは、ビル・ゲイツ氏がつぶやいたひと言だった。https://www.nikkei.com/article/DGXMZO32813820Q8A710C1000000/?n_cid=DSREA001

【4】栄光と落日 7月12日(木)公開 「我々の使命は未来のニュートンの前にリンゴを落とすこと」。ヤフー創業者の言葉が若者の生き方を180度変えた。だがその栄光は長く続かず、「破壊者」に取って代わられる。https://www.nikkei.com/article/DGXMZO32856800R10C18A7000000/?n_cid=DSREA001

【5】革命児の挫折 7月13日(金)公開 日本のネット業界に革命を起こすかに見えたハイパーネット。早すぎた破壊者がたどった末路。そこに届いた一本の電話が、ある男の人生を変えた。「携帯とネット」日本の独走が始まる。https://www.nikkei.com/article/DGXMZO32919780S8A710C1000000/?n_cid=DSREA001

【6】iモード・トリオ 7月17日(火)公開 モバイル・インターネット時代の幕開けを告げた「iモード事件」。巨艦ドコモを動かすために腹をくくる。運命の糸にたぐり寄せられるように集まった3人の知られざるエピソード。https://www.nikkei.com/article/DGXMZO32954930T10C18A7000000/?n_cid=DSREA001

【7】幻のグーグルとの提携 7月18日(水)公開 NTTドコモの「iモード」はなぜ世界を制することができなかったのか。幻に消えたグーグル会長からのラブコール。動けなかったドコモはiPhoneの「代理店」に。https://www.nikkei.com/article/DGXMZO33063260X10C18A7I00000/?n_cid=DSREA001

【8】村上ファンドのワナ 7月19日(木)公開 ネット第1世代の旗手、サイバーエージェントを襲った悪夢。村上ファンドがしかけた巧妙なワナと買収の危機。追い込まれた藤田晋社長を救ったのは意外な人物だった。https://www.nikkei.com/article/DGXMZO33110570Y8A710C1I00000/?n_cid=DSREA001

【9】和解の夜 7月20日(金)公開 危機を乗り切ったサイバーエージェントの藤田氏。和解の夜にかみしめた屈辱が、若き起業家を変えた。https://www.nikkei.com/article/DGXMZO33164190Z10C18A7I00000/?n_cid=DSREA001

「ネット興亡記」第2部は9月に掲載予定です。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。