/

近づくと解錠、ソニー系キュリオ、スマートロックを発売

ソニー系であらゆるモノがネットにつながる「IoT」商品を手がけるスタートアップのQrio(キュリオ、東京・渋谷)は5日、ドアに近づくだけで解錠できるスマートロックを発売すると発表した。ソニーグループとの連携を深めて使い勝手を高め、普及を促す。

「キュリオ ロック」を19日に発売する。全地球測位システム(GPS)と電波を受発信するビーコンを使い、帰宅時に連携するスマホを持ってドアに近づくだけでカギを解錠できる。マグネットセンサーがドアの開閉状態を感知して自動で施錠する仕組みも導入し、手がふさがった状態でも使いやすくした。

従来機種ではアプリ操作から動作まで数秒かかっていたが、1秒かからずに反応できるようにした。工事せずに取り付けられるなどの利便性はそのままに、機能追加で使いやすさを訴求する。価格はオープンだが、2万3000円程度となる見通し。

記者会見した西條晋一代表取締役は「ソニーグループとしてのシナジーを生かして外部連携なども進める」と話した。キュリオはソニーと、米シリコンバレーに拠点を持つスタートアップ支援のWiL(ウィル)が共同出資して設立。現在はソニーネットワークコミュニケーションズの子会社だ。ソニーネットワークIoT事業部門の井宮大輔マネジャーは「ソニーの資産を使って便利にしていく」と連携をさらに強化する方針を示した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン