/

この記事は会員限定です

企業は「伏業」を直視せよ 西村創一朗氏

HARES社長

[有料会員限定]

ロート製薬が2016年、「社外チャレンジワーク」などの制度で副業を解禁してから約2年がたった。従来は副業といえば一部のベンチャー企業の話だったようだが、先日は国家公務員にも兼業が解禁されるとの報道があり、社会に定着してきた感もある。しかし実態は副業を解禁する企業は少なく、結果として会社が認めない「伏業」にいそしむ従業員が増えているという問題を提起したい。

人事コンサルタントをする私のもとには企業から「副業を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り932文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン